スライドバーについて

ボトルネックだとかだと、演奏者自らでワインの瓶を切ったりとかいろいろあるそうですが、
ラップスティールの場合はそうもいきません。
スラントするのに、その長さや形状、重量には結構シビアなものを感じています。

自作品を使うのもアリかもしれませんが、私の場合は普及活動の一環でもあるので、
できるだけ市販品をお勧めしようというのが基本的なスタンスです。
(といいながら、ものすごく自分勝手な話なのですが、)
ここにきて、重大なことに気づいてしまいました。

これまで、"SHUBB SP2"が標準的なものであり、しかも好みであると、言っていたようないなかったような。

先日届いたものを持った時に感じた違和感は、サイズを測ってみたら、やはりその通りでした。

sp2-1.jpg

上から、現行オリジナル、オリジナルに加工を依頼したもの、以前のS-Pモデルです。
一目瞭然、以前のSHUBB-PEARCEモデル(一番下)に比べると現行品はかなり長くなっていることが判ります。
もちろんピートブラントモデル(?)とか書いてあったのは知ってますが、そんなのは、いりません。

短ければいいというものではないのですが、現行品については私の手(標準的な日本人のサイズだと思っていますが)にはどうも長すぎて、コントロールするのに多少の努力を要する感じです。

ギターのネック越しに弦を押さえる手の大きさが生物学的に違うのに、同じギターを持って一生懸命頑張った先達と同じような感覚ですかね。

sp2-2.jpg

以前のS-Pモデルを探したけれど、もうどこにもないようです。

最新のSP2はステンレス製なので時間が経ってもメッキも剥がれず丈夫そうですが、加工はものすごく面倒らしくそれなりの技術と設備も必要なようで、手持ちのものをミリ単位で切って欲しいと依頼したのですが、結果はちょっと不満が残っている状態。あと0.5mm。
手をバーに合わせるのか、バーを手に合わせるのか、、、

どう考えても後者ですが、困ったもんです。
ま、自分勝手な好みのことなので、参考にもなりませんですね。

毎日が練習。

スポンサーサイト

ERNIE BALL ボリュームペダル

FC2ブログはわりとまともかと思ってたけど、そうでもない感じですかね。
何度もログインパスワードを要求されてうんざり。

この数ヶ月間、迷惑メールの激増はどこかから何かが漏れたと思われますが、本当、いやな現実が続いています。
さて、気をとり直して。

ボリュームペダルはスティールギタリストにとって楽器同様の重要アイテムであることは、以前にも書きました。
そうじゃないという人もいるかもしれませんが、それは私の範疇ではありません。足が使えない人なのでしょう。

で、私の目の前にはうまく動かなくなったペダルが2台ありまして、いずれも"ERNIE BALL"。
踏み心地が良くて何台か持っていたのですが、1台はお釈迦、うち1台をケルンで切りましたので、手元に残るは2台。あとは捨てた、かな。

入手したリペアーキットを使って直してみようと、突如思った次第です。
専用のリペアーキットは国内では販売されていなくて、在外時に入手しました。
これまでいろいろと紐の代用品を探し自分で修理していたのですが、どうにもならない1台について、やっとその気になり、それを使ってみました。
パッケージを開ければ、実はたいしたことなくて、ただのスプリングと紐2種類のセットです。

コードスプリングキット

が、日本国内では入手不可。
(私はこれを入手するまではスナッピーの紐で代用してましたが、これでもずっと問題ありませんでした。)

同封のインストラクションに従って、紐掛けの手順さえ間違えなければ、ほとんど誰にでもできる程度の作業と考えます。
が残念なことに、ボリュームポッドとプーリーの摩擦が紐とのそれよりも小さかったことから空回りしてしまっているようで、踏めば踏むほど限りなく音量は小さくなっていき(ポッドが限りなく0に近づいていく)、ギュワーンなんて世界には到底手が届きません。
ポッドのシャフトを見ると、プーリーのネジ頭で削られた痕がものスゴイわけですわ。

踏むほどに音量が小さくなる逆の巻き方も試してみましたが、変化は良くても、踏み方が逆では使い物になりません。いっそのことポッドの接続を変えたろか。

どなたか良い知識なり経験をお持ちでしたら、ご教示ください。

とりあえず、帰国してからの毎日は、練習と日常のうんざり、時々公園での練習で憂さを晴らしています:)。
どこか、ライブ演奏させてもらえる場所があれば、と願う毎日です。

FT-1 Chromatic Tuner



碌に製品の説明も読まずにこれぐらいならいいだろうと買ってみてたもののいざ使ってみるとあれま〜なんてことはざらにあるわけで、このチューナーもそんな昨日があること知らずにポチッてしてしまい、ほんの少しだけビックリしている。




開封して付属のバッテリーを装着したらいきなりすべての表示が出てきて、どのボタンを押してもどうにもならない状態だったのは初期設定でもしてたのだろうか。極性を間違えたわけじゃないしなぁと悩んだが、3度ほどはめ直したら普通の状態になったので、ほっ。


で、ヘッドに装着して弦をビヨ〜ンとはじいたら、画面が無色からオレンジ色に発光、この時点でびっくり。

FT-T-2.jpg


ペグを触って目的のピッチに近づけていくと、、、

FT-1-3.jpg


おおっ!!
なんと色がグリーンに変わったではないか。


それにしても色の変化で合わせられるなんてのは初めての体験で、思い返せばチューナーの類いは'90年前半に屋外での視認性重視から針式のものを購入したのと、その後に老眼対策のために表示の大きなクリップ式を買ったぐらいで、この12年間のほとんどはPODについてるのをずっと使い続けてきた。




使い勝手が良いのか悪いのかの高機能。


うす暗〜い部屋で地味〜に弾き続けている老人の衰えた目には色の刺激が強すぎる鴨。



その他の機材

Analysis plus


たかが楽器をつなぐケーブルに何万もの金を払うなんてことは、よほどのマニアしかやらないと思うのが一般的なのだろうが、残念ながら僕は少しだけ(?)マニアなので、できる範囲で揃えている。

ギター専用ケーブルとして販売されているものは、その特性を生かした調整がされていて、音が前にズコンと抜けてくるように作られているのだが、このケーブルにはそれを感じない。いわゆるフラットな印象で、低音域~高音域まで音全体の幅がスーッと広がった感じがするのだ。とくにアコギに使用した時はきらびやかな高音と太い低音がとても心地良いものとなる。普通のケーブルからこのケーブルに変えたことによる信じられないぐらいの音色の変化は、使ってみたものだけにしか判らない。
ただし、ケーブル自体が硬めで太いので、弾きながら動きまわるタイプの演奏者には切れやすいという情報もあるので、そういった方々にはお薦めしない。

いくつものエフェクターに金をかけるのもアリだろうが、ケーブルもそのうちのひとつだと考えれば、決して高いものではないと常々思っている。


AUDIX HT2-P
audix01.jpg

ソロライブでのほとんどは、あれこれと自分だけでやらなければならず、音響機材のできるだけの軽量化そして簡素化が要求される。
先に紹介した機材と6本立てのギタースタンドに囲まれるだけでも大袈裟なのに、そこへマイクスタンドまで立ててしまうのは、見た目にも狭苦しく感じるし、ギタースタンドとぶつかってしまうという問題も生じる。さらには僕自身の謙虚さゆえ(笑)、それだけのスペースを占有することにはどうも気がひける…ということで、ヘッドセットにした。

場所をとらない、軽い等々、いい事尽くめのようなのだが、ヘッドセットの使用中はず~っとオンマイクなので、演奏中に咳払いもできないし独り言もいえない。出そうになる咳やゲップを我慢し回避するのは、実は本当に大変なことなのだ。おならの比ではない。

対処法として、当然のことといえば当然なのだが、食事を含めた当日の体調管理やライブにかける心構えが最重要な課題であることは、間違いない。







ソロライブ用機材

2010年に入ってから、ソロライブ用の機材を入れ替えた。

昨今、喫茶店、ギャラリー、居酒屋や食堂といった、いわゆる本来ライブをしていなかった場所でのライブが激増している状況を鑑み、そういった場所でも簡単にセッティングが出来て更に良い音が提供できるようにと、何度目かの清水の舞台からの飛び降りである。


メインとなるポータブルPA BOSE L1 compact system
bosel1compact.jpg

ジョイントすると煙突のように伸びるラインアレイスピーカーは、もう一段高くすることができる。
上位機種も検討したのだが、米国ではすでにバージョン2が出てから随分と時間経過しているのに、国内ではまだ前のバージョンのままだったことと、他の機材との重量の兼ね合いで、もちろん金額的にも有利なこちらに決めた。
BOSEサウンドは、ハイファイでとても心地良い。


ミキサー A&H ZED12FX
zed12fx.jpg

基本的には一人用のインプットは3つあれば問題ないのだが、例えば誰かと一緒に演奏する、となるとマイク入力が足らなくなることがあったりして、それがどれほどの頻度かは不明なので、ほどほどのところ、ということでこれを導入した。
使い勝手も良く、なんといってもフェーダーのストロークが長いのが良い。素直な音質だけでなく、上品な内蔵エフェクトにも充分満足している。


エフェクトラック
rack.jpg

PreSonus Blue Tube DP 最上段右

FMR Audio RNC1773 最上段左

DBX 386

BEHRINGER FBQ1502

DBX 160X 現行品なし


これらをもっと活用できるよう、踏ん張りたいと思う今日この頃である。





プロフィール

すぎの暢

Author:すぎの暢
膝の上にのせてバーで弦を擦って弾くラップスティールギター専門奏者。超ドマイナー楽器ですが、可能性は無限です。6弦アコースティック、エレキもええねぇ~!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR