なにげに

24,25日は、閉会中審議のために練習もままなりませんでしたが、
あらためて今日、こんなのを聞いているととても面白いので、
リンクを貼っておきます。

https://youtu.be/9NCCJ2bRx0o

いつまで続けるのか、ねぇ。
スポンサーサイト

7月のライブ、終わりました。

7月中旬のライブは徳島〜姫路〜神戸辺りという流れでした。

諸事順調に進み、楽しい時間が過ぎ、いよいよ、この先の予定は未定となりました。
あらためて思えば、濃ぃ〜い時間でした。
出会えた皆様、本当にありがとうございました。

またいつか。

皆様の前でラップスティールギターの可能性をお披露目できる機会があればと、心から願っています。
が、これも体力の続く限りです。
他にないのは、ここにしかないのです。
ラップスティールギター、、、専門職です。

機会があれば。

TwitterもFaceBookも、ほとんど接続したくないの鴨しれないので、
今後のメインはブログになると思います。
もしメッセージや連絡等があれば、メールかブログ内のコメントにお願いいたします。

Weissenborn in 1930, ものすごく鳴ってます。
Bowl Back Lapsteel by David Dart、やっぱいい感じです。
Electro Hawaiian by Bill Asher、最高です。
Duesenberg Fairytale、素晴らしいです。

いつも、ありがとう。

暑い夏を、どうかお元気で過ごしてください。

p.s. どうやってもFC2ブログとFaceBookとの連携ができません。
ま、いいか。面倒な話だもんね。

エビブイヨン


ロッテルダムで見つけました。


ebi.jpg


中華系マーケットの多い地区は結構楽しめます。


煮干し、鰹節の出汁でみじん切りにした半個程度の玉ねぎを煮込んだスープに放り込んで、塩味確認。
好みで醤油、辣油、酢。
麺はマルタイが簡単で◎


P.S. 投稿するのを忘れてました。すいません。

9/26:最後のタヴェルナァキライブ


いよいよ今期最後のライブ@いつものギリシャ料理屋「タヴェルナァキ」。
今期は7月に着いてすぐやらせてもらったので、すでに二回目。

tavernaki1.jpg


ヨーティは本当に気が良くて、いつも旨い魚料理を食べさせてくれる。
この夜はフィッシュアンドチップスが旨いとの情報があったので頼んでおいた。

taver2.jpg


本当にうまかった。

ライブ終了後にはお決まりのウーゾ(きついギリシャのリキュール)で乾杯!

taver1.jpg


後で聞いた話だが、残念ながら建て替えのために移転するか廃業するかの瀬戸際なのだそうだ。

taver4.jpg


継続は力なり。
ぜひとも続けて欲しいと願っている。


8/26 :通常業務へ


ケルンに戻り、溜まっていた洗濯も済ませ、通常モードへ。
来週末にあるレナニアでのライブはドラマーを入れてのトリオ。
その前に今週金曜日にはデュオがあるしで、遊んでばかりもいられない状況です。

日本から送った荷物が届かなかったことを以前に書きましたが、これはそれより少し前の話になります。
新しい楽器をケルンで試そうと、渡欧前にダンローソン(カリフォルニア)の12弦を手配しました。


DL12 string


一応ケルンの税関までは届いたのですが、そこで足止めされてしまい、引き取りにいかなければならなくなりました。
空港の近所までわざわざ鉄道とバスを使って、前回の荷物と同じ場所です。

んでもって、ほしけりゃ関税払ってね、そうでなきゃこのままアメリカへ返送するしかないのよと言われちゃった日にゃ、しゃ〜ないわなぁ。それにしても19%はキツイ。いくら安いギターだからといっても結構な金額になってしまいました。

事前にその知識があれば日本から持って行くという手段もあったわけですが、飛行機搭乗時の煩わしさに加え、米国〜欧州の送料の安さを優先させたことで、ま、知識を豊富にしたのですから、今後に役立てたいと思っています。

で、肝心なのは楽器の音質ですが、これが手強い。

最初からインストールしてあったピエゾタイプのピックアップは、エレアコみたくギラギラしていて好きではないのですが、とりあえず今はこれしかありませんので、手を変え品を変え?でなんとか演るしかありません。

ピッキングする位置によって音色が大きく変わるのを逆手にとってと、まずは考えますわな。低音が出てこないのは構造的な問題かもしれないが、複弦はずしちゃって6弦にしてみても、もうちょっと欲しいレベル。


set0811.jpg



動画をアップしたいのですが、ここのスタジオはネット環境がとてもよろしくなくて、なぜかスタジオの扉の外に出ないと接続ができません。できてもめちゃ遅。ネット動画なんてほとんど観られません。


いずれ機会をみて実行したいと思っています。

プロフィール

すぎの暢

Author:すぎの暢
膝の上にのせてバーで弦を擦って弾くラップスティールギター専門奏者。超ドマイナー楽器ですが、可能性は無限です。6弦アコースティック、エレキもええねぇ~!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR