volume pedal

ラップに限らずスティールギターの必需品であるボリュームペダルは、もう何台潰したのか忘れてしまった。
その昔、スティールを始めたばかりの頃は、ローランド(ボス)やコルグの製品を訳も判らず使っていたのだが、それをつなぐことによって生じる音色の劣化が気になりだしてからは、ErnieBall製一辺倒となってしまった。

EB pedals

踏み込む感覚が音楽的なのはやはり古いタイプのもので、最近のものはあまり音楽的とはいえないかもしれない。
ボリュームのシャフトに巻き付けたヒモが突然切れたり緩んだりすることもあったりして、現場で修理することは何度も経験した。
ポッド自体が壊れてしまった場合はお手上げで、他のものと交換しても、どうも違う感じがして、残念ながら放ったらかしになってしまう。


fender volume-tone

Fenderから音量だけでなく音質も変えられる便利な機能がついたものが発売されていた。
まだあまり使い込んでいないので、よくは判らないが、ちょっと面白そうなので、そのうちレポートすることとしよう。
(音量は上下、音質は左右で変化させる。足がくねくねしてしまうかも)





スポンサーサイト
プロフィール

すぎの暢

Author:すぎの暢
膝の上にのせてバーで弦を擦って弾くラップスティールギター専門奏者。超ドマイナー楽器ですが、可能性は無限です。6弦アコースティック、エレキもええねぇ~!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR