Mel-O-Bar Stand-up Steel



立って弾くスティールギターこそ珍しいのではないだろうかと思うのだが、例えばワイゼンボーンタイプにストラップを装着して弾くことが可能だとしても、その格好はまるで弁当売りをイメージさせるので、イマイチ好きにはなれない。今では駅ホームでの弁当売りこそ珍しい時代になってしまったのだが。

MELOBAR Stand-up Steelは、最初の1台を90年代後半に都内の黒澤楽器で見つけた。聞くところによると正規輸入で3台とのこと。以前にリンドレーが同様のものを弾いていたビデオを観たことがあって、即買。その数年後、またもや同楽器店(ただし別店舗)で同じものを見た時にも迷わず即買した。ということは国内での残りは1台。実はこれも都内の中古取扱店のネット掲示で見つけたのだが、決断する前に売れてしまっていた。う~ん残念!現在は受注生産の模様。

melobar2.jpg

ヘッドが重いのでバランスをとるためにボディも重量感をもたせてある。抱えて飛び跳ねることができるのも若いうちだけだろう。肝心の音色は、クリアーかつパンチー。やっぱロックだよね。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

すぎの暢

Author:すぎの暢
膝の上にのせてバーで弦を擦って弾くラップスティールギター専門奏者。超ドマイナー楽器ですが、可能性は無限です。6弦アコースティック、エレキもええねぇ~!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR