Non Brand Name ALS



90年代の中頃、とある楽器店で中古のCanopusを見かけた。定価の約半分の値札がついていたのだが、興味を持ってはいたものの、まだエレキに痺れていた時期だったので、結局手を出さずに数年が過ぎた。90年代後期になってふと雑誌の広告でみつけ、即座に神戸まで足を運んだ。

自分にとって最初のALSはブランド名も無し。オールコアの鳴りが切なくもあったりして、日夜弾きまくった。エレキとは随分と勝手が違い、単音で弾くよりも複音でコード感をつけることが多くなった。スラントの必要性を痛感し、バーを立てるようにもなった。

バーがコツコツと指板に当り、1弦側3~5フレットあたりには相当な傷がついてしまったが、これは名誉の負傷ということで勘弁しておくれ。

weis1.jpg

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

すぎの暢

Author:すぎの暢
膝の上にのせてバーで弦を擦って弾くラップスティールギター専門奏者。超ドマイナー楽器ですが、可能性は無限です。6弦アコースティック、エレキもええねぇ~!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR