そういえばわたくし

そういえばわたくし思いました。未だにここでまるで普通のように生きながらえていられる幸せのこと。
この瞬間に深く深く感謝いたします。

思い返せばこの一年間でこれまで当たり前のように使っていたFishman Blenderをすでに3台分、Seymour Duncan Mag Micに付け替えた。ギラツくほどのアコースティック感は主張すべき音の探求心と様々な効果にべりぐーとあいてぃんくであたまかてぃんく。

ほんの少しの難はバッテリーの供給方で、考えた末に006Pでの供給が最も簡便であると判断したが実際の重量的にはどうかと試行錯誤の連続技に絡まれた結果に考え上げたいいのがあるので、これについてはまたあとで書こうと思ってます。


ラップスティールについての疑問質問等ありましたら、どうぞご遠慮なく。

お元気でお過ごしください。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

すぎの暢

Author:すぎの暢
膝の上にのせてバーで弦を擦って弾くラップスティールギター専門奏者。超ドマイナー楽器ですが、可能性は無限です。6弦アコースティック、エレキもええねぇ~!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR