Strings

インターネットを使っていろんな情報を集めることができる現代からすると、情報入手の手段が限られていた頃は、あれこれと自分で試すことが普通だった。
楽器よりも弦に関するものは、まさに手探りだったといえる。

a-string.jpg

e-string.jpg

上の写真がアコースティック弦の各種。現在はマーチン弦にほぼ落ち着いてはいるものの、これら以外に試してみたい欲求にかられるのは、長年の習慣かもしれない。
下の写真はエレキ用。バラで購入すると高価だったので、できるだけ近いゲージのセット弦を使ったりもしたが、今はGHSのカスタムショップで決まり。

切れる前に交換するのが普通なので、ライブ前はその作業に追われる。
楽器の本数を減らせば、もっと楽になれるのだが…。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

すぎの暢

Author:すぎの暢
膝の上にのせてバーで弦を擦って弾くラップスティールギター専門奏者。超ドマイナー楽器ですが、可能性は無限です。6弦アコースティック、エレキもええねぇ~!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR