ケルンへの道程2

ゆったりまったりと流れる時間。
開け放した窓からの冷たい外気がとても心地良い。


11.jpg


スーチーの手作り日本食、ケルンスタイル。
とてもおいしい!


IMG_4927.jpg


夕方からの公園でのリハーサルと夜のライブ。
備えは万全、ってかなんも気にすることはない。


DSCN5046.jpg


「良かった〜!」とか「CDあるか?」とかバンバン言って来る。
演奏している曲の途中でも向こうからバシバシくるのを感じる。


マティアスとの演奏は、まるで流れる時間を楽しむかように、過ぎて行く。
「あ〜いえばこ〜いく」セッションプレイみたいに続く時間は、本当に楽しいのだ!


そしてこの店の魚はめちゃめちゃに旨いのだ!


DSCN5043.jpg



実は、私の怠慢が現在計画中の共同アルバムの進行具合に大きく影響しているので、あまり大きな事はいえないのだが、必ずやマティアスとの演奏を形に残そうと思っている。


あと数曲分、残された課題を、悩みながらも思いきり楽しもう。


(またいつかに)続く





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

すぎの暢

Author:すぎの暢
膝の上にのせてバーで弦を擦って弾くラップスティールギター専門奏者。超ドマイナー楽器ですが、可能性は無限です。6弦アコースティック、エレキもええねぇ~!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR