9/2:Mach es selbst [Do it yourself]

9/2:Mach es selbst [Do it yourself]

自転車のパンク修理って今の日本だとフツーに自転車屋に頼ってしまいますが、ここでは自分でするのが当たり前なんだそうです。誰に聞いても自分でやると。子供の頃から普通にやることだと。そういえば私の父は自分でやってましたゎ。ただそれは若い頃に自転車屋で働いた経験があるからだと思ってましたけど、多分あの世代の人たちはみんな普通にできたんじゃないかと。

bycecle1.jpg


昨日、自転車でケルンの街を超えた反対側にある楽器屋2軒を目指して出かけましたところ、4~50分後には最終目的地へ到着いたしましたが(一軒目は移転)、その直前に後輪がパンクしてしまいましたわわ。そのまま乗って帰るわけにもいかずダラダラと引っ張りながらの帰路約2時間。えぇ運動ですわ。何をするにも体力がいる。も〜へとへと。

bycecle2.jpg


で翌日、たまたまスタジオのすぐ近所、倉庫への入り口付近に自転車屋があるので良かった〜チャンチャン!と思いきや、修理代は2~35ユーロかかるよと言われ、メガテン。日本じゃ五百円だぞとかいいながら、自分でやれば安く済むぞとほんなら自分でやってみますわと、6ユーロのチューブ買って工具借りての1時間、親切丁寧なご指導のもと、無事交換ができました。
やってみるもんですな。

自転車屋のお兄ちゃんも18歳の時に初めて自転車を修理に出すといったら家族中からアホ扱いされたそうだけど、こんなことならリペアーキットぐらいは手元に買って置いておこうと思うほど、ここでは自転車は必需品です。なんせ何処へ行くにも1ブロックが広すぎ。

bycecle3.jpg


漕いだペダルにぐっと力をかけて踏み止めるとブレーキがかかる、後輪フットブレーキ。
これ凄いだろ〜って威張ってたっけ。
操作に慣れるまで少し時間がかかるが、確かに一旦習得すると結構使い勝手は良い。

bycecle5.jpg


これでまた遠出ができます。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

すぎの暢

Author:すぎの暢
膝の上にのせてバーで弦を擦って弾くラップスティールギター専門奏者。超ドマイナー楽器ですが、可能性は無限です。6弦アコースティック、エレキもええねぇ~!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR