ERNIE BALL ボリュームペダル

FC2ブログはわりとまともかと思ってたけど、そうでもない感じですかね。
何度もログインパスワードを要求されてうんざり。

この数ヶ月間、迷惑メールの激増はどこかから何かが漏れたと思われますが、本当、いやな現実が続いています。
さて、気をとり直して。

ボリュームペダルはスティールギタリストにとって楽器同様の重要アイテムであることは、以前にも書きました。
そうじゃないという人もいるかもしれませんが、それは私の範疇ではありません。足が使えない人なのでしょう。

で、私の目の前にはうまく動かなくなったペダルが2台ありまして、いずれも"ERNIE BALL"。
踏み心地が良くて何台か持っていたのですが、1台はお釈迦、うち1台をケルンで切りましたので、手元に残るは2台。あとは捨てた、かな。

入手したリペアーキットを使って直してみようと、突如思った次第です。
専用のリペアーキットは国内では販売されていなくて、在外時に入手しました。
これまでいろいろと紐の代用品を探し自分で修理していたのですが、どうにもならない1台について、やっとその気になり、それを使ってみました。
パッケージを開ければ、実はたいしたことなくて、ただのスプリングと紐2種類のセットです。

コードスプリングキット

が、日本国内では入手不可。
(私はこれを入手するまではスナッピーの紐で代用してましたが、これでもずっと問題ありませんでした。)

同封のインストラクションに従って、紐掛けの手順さえ間違えなければ、ほとんど誰にでもできる程度の作業と考えます。
が残念なことに、ボリュームポッドとプーリーの摩擦が紐とのそれよりも小さかったことから空回りしてしまっているようで、踏めば踏むほど限りなく音量は小さくなっていき(ポッドが限りなく0に近づいていく)、ギュワーンなんて世界には到底手が届きません。
ポッドのシャフトを見ると、プーリーのネジ頭で削られた痕がものスゴイわけですわ。

踏むほどに音量が小さくなる逆の巻き方も試してみましたが、変化は良くても、踏み方が逆では使い物になりません。いっそのことポッドの接続を変えたろか。

どなたか良い知識なり経験をお持ちでしたら、ご教示ください。

とりあえず、帰国してからの毎日は、練習と日常のうんざり、時々公園での練習で憂さを晴らしています:)。
どこか、ライブ演奏させてもらえる場所があれば、と願う毎日です。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

すぎの暢

Author:すぎの暢
膝の上にのせてバーで弦を擦って弾くラップスティールギター専門奏者。超ドマイナー楽器ですが、可能性は無限です。6弦アコースティック、エレキもええねぇ~!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR