Fender Stringmaster D-6







Fenderが最初に作ったギターはラップスティールだったそうな。それらは40年代の早い時期にツイードアンプと一緒に販売されたという話を聞いた。

Fender製の中でもStringmasterは、押しも押されぬ、憧れのビンテージものである。しかも6弦のダブル!

すべてオリジナルのまま、カリフォルニアで譲り受けたものを持ち帰った。
ずっしりと重いのは脚のせいだとしても、気軽に持ち運ぶには適さない。当時の航空会社はそれほど煩いことを言わなかったので、問題なく機内への持込もできたのだが、今ならそうはいかないのだろう。

stm1.jpg

麗しい姿と甘美な音色は、まさにノンペダルスティールギターの代表ともいえるかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

すぎの暢

Author:すぎの暢
膝の上にのせてバーで弦を擦って弾くラップスティールギター専門奏者。超ドマイナー楽器ですが、可能性は無限です。6弦アコースティック、エレキもええねぇ~!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR