Woody Lap Steel








今から30年前、サンフランシスコで毎日をブラブラと過ごしていた頃、楽器店で "AIRLINE"なる中古品を見つけ購入した。紙製のオリジナルケースで当時200ドルぐらいだったように記憶している。店員が" Dan Electro "のものだと言っていたのだが、本当のところはよく判らない。

持ち帰ってから暫くの間使っていたのだが、軽めの音色が気になり知り合いの楽器店主と相談の末、新たにボディを作り、ピックアップ部分だけを移植することにした。

woody2.jpg

Woodyは、知る人ぞ知るMichael Hondaの自主ブランドで、手工アコギの世界ではかなりのレア物だったとか。
名リペアーマンでもあったHondaさんの手によるエレクトリックラップスティール第1号が本機なのだ。
2台目はもうないので、これが最初で最後の1台。
Woodyアコギのクオリティをご存知の方には、これがどれほどの価値を持つものかはお分かりだと思うのだが、いざ音を出してみると、ボディの素晴らしさをピックアップが表現できていないことを感じた。
ピックアップ自体の磁力が弱っていたので、そこらじゅうにあるマグネットを張り合わせてみたりもしたが、パワーの不足感を拭う事はできなかった。

今から4年ほど前、Rick AielloがSuproやValcoに搭載されているピックアップ用に製作したNIBrosというマグネットを入手した。先に紹介したSupro3も同じものと交換したが、あちらはイミテーションの片側、こちらは両側2個とも交換した。

パワーは蘇った。
"Woody custom LapSteel" on YouTube










関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

すぎの暢

Author:すぎの暢
膝の上にのせてバーで弦を擦って弾くラップスティールギター専門奏者。超ドマイナー楽器ですが、可能性は無限です。6弦アコースティック、エレキもええねぇ~!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR