スライドバーについて

ボトルネックだとかだと、演奏者自らでワインの瓶を切ったりとかいろいろあるそうですが、
ラップスティールの場合はそうもいきません。
スラントするのに、その長さや形状、重量には結構シビアなものを感じています。

自作品を使うのもアリかもしれませんが、私の場合は普及活動の一環でもあるので、
できるだけ市販品をお勧めしようというのが基本的なスタンスです。
(といいながら、ものすごく自分勝手な話なのですが、)
ここにきて、重大なことに気づいてしまいました。

これまで、"SHUBB SP2"が標準的なものであり、しかも好みであると、言っていたようないなかったような。

先日届いたものを持った時に感じた違和感は、サイズを測ってみたら、やはりその通りでした。

sp2-1.jpg

上から、現行オリジナル、オリジナルに加工を依頼したもの、以前のS-Pモデルです。
一目瞭然、以前のSHUBB-PEARCEモデル(一番下)に比べると現行品はかなり長くなっていることが判ります。
もちろんピートブラントモデル(?)とか書いてあったのは知ってますが、そんなのは、いりません。

短ければいいというものではないのですが、現行品については私の手(標準的な日本人のサイズだと思っていますが)にはどうも長すぎて、コントロールするのに多少の努力を要する感じです。

ギターのネック越しに弦を押さえる手の大きさが生物学的に違うのに、同じギターを持って一生懸命頑張った先達と同じような感覚ですかね。

sp2-2.jpg

以前のS-Pモデルを探したけれど、もうどこにもないようです。

最新のSP2はステンレス製なので時間が経ってもメッキも剥がれず丈夫そうですが、加工はものすごく面倒らしくそれなりの技術と設備も必要なようで、手持ちのものをミリ単位で切って欲しいと依頼したのですが、結果はちょっと不満が残っている状態。あと0.5mm。
手をバーに合わせるのか、バーを手に合わせるのか、、、

どう考えても後者ですが、困ったもんです。
ま、自分勝手な好みのことなので、参考にもなりませんですね。

毎日が練習。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

すぎの暢

Author:すぎの暢
膝の上にのせてバーで弦を擦って弾くラップスティールギター専門奏者。超ドマイナー楽器ですが、可能性は無限です。6弦アコースティック、エレキもええねぇ~!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR