スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lazy River ALS w/s

LR w:s2

僕が最初にレイジーリバーを手に入れたのは、2008年の5月だった。ちょうどアコースティックギターマガジンの取材を受ける前だったこともあり、国内で誰も持っていないだろう1台を捜していた頃だった。
いろんなフォーラムでの評判もすこぶる良く、是非一度試してみたいと思っていたことをRance Whiteに伝えたところ、たまたまストックがないということで、カリフォルニアの友人に預けてあるという1台を急いで送ってくれたのがこれだった。

LR w:s1

ボディ/ウォールナット、表板/スプルースのweissは、抜群のコストパフォーマンスを誇るレイジーリバーの代表作でもある。一般的に手工ギターというと、どうしても大金という大きな壁を乗り越えなくてはならない世界なのだが、レイジーリバーについてはその必要性が少ないので、ついマホガニー製のものも買ってみようかというぐらいの気持ちにもなってしまう(そうでもないですかね)。
ウォールナットとスプルースの組み合わせによるパワフルで切れ味の良い、多くの倍音を含んだ音色は、他のどれとも違って聞こえる。

下記リンクにてご確認いただけます。

http://www.pancomusic.com/lazyriversample01.mp3


LR w:s4

ホローネック構造のギターに魅せられ、レイジーリバーと出会ってからは、他の製品を購入する気になれなくなってしまっている。





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

すぎの暢

Author:すぎの暢
膝の上にのせてバーで弦を擦って弾くラップスティールギター専門奏者。超ドマイナー楽器ですが、可能性は無限です。6弦アコースティック、エレキもええねぇ~!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。