スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bill Asherを訪ねる

ロサンゼルスにいるからには、この地でエレクトリックラップスティールのハイエンドを作り続けるビルアッシャーに一度会いたいと思っていたら、実現した。
今週末にある展示会の準備で大忙しのところ、わざわざ時間を作ってくれた。

1009-1.jpg

展示会に出すという新型のピックアップを搭載したElectro Hawaiianの試作機。これまでのピックアップよりも更に音のレンジが広がって素晴らしい!

1009-3.jpg



本ブログ最初の記事として、ビルアッシャーのElectro Hawaiian Juniorを紹介した。
ギター用のパーツを流用しているので、ブリッジに若干のアールがついていることは仕方ないと思っていたら、届いたばかりの1本だという、フラットなブリッジを見せてくれた。



これは早速交換してみるしかない!





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

すぎの暢

Author:すぎの暢
膝の上にのせてバーで弦を擦って弾くラップスティールギター専門奏者。超ドマイナー楽器ですが、可能性は無限です。6弦アコースティック、エレキもええねぇ~!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。