9/17:スタジオコンサート


ゲボイデノインは工場跡地内の倉庫にあります。歴史的な建造物らしく観光気分で訪れる方も多いとか。
そういえば記念撮影してる人たちをよく見かけますゎ。

ライブハウス、スタジオ、工房等々アートするには、たしかに抜群の環境なのかもしれません。

917-1.jpg

917-2.jpg


マティアス氏の所有するスタジオには3つの部屋があり、それぞれで独立したプロジェクトが日夜行われています。
一番大きな彼の部屋にはスタインウェイが鎮座しボーズのL1がステレオになってますので、もうこれだけで完璧。

いつものように休憩時にはマンゴラッシーが配られ、和気藹々の空間で、とても楽しい時間が過ぎました。

917-3.jpg
(このマンゴーラッシーは別の店で注文したものです。)

終わって椅子を片付けたら、スタジオが再び私のベッドルーム。
疲れました。
おやすみなさい。

9/16:突然の雷と雨


夏の終わりの合図なんだそうです。
2日前の日曜日の夜、風が?と思ったらいきなりピカッと光って雨がドバーッと降ってきました。外ではイベント真っ最中でしたが、もうどうしようもないほどの土砂降り。

そしてまた今日も。
そういえば落ち葉が急に増えた気がする。

暑さが本格化する前に出国したので着るもののほとんどが半袖シャツと短パン。
かろうじて長袖シャツとジーンズが一揃えあるだけ。
これでは秋を迎えるわけには参りません。

916-1.jpg

寒くなる前にとりあえず帰国の予定です。

9/14: Zoll wieder


今週の金曜日19日にはスタジオライブがあります。
プライベートスタジオでマンゴラッシー飲みながらの約2時間。

米国から直接送った12弦[DL]は、チューニングに要する時間とその安定性に不安があるので、最初から限界を感じてます。
2年前からケルンに配備してあるレイジーリバーのワイゼンドロップ1台では、約2時間のライブはもたせられないので、9月早々に日本からEMSでアコギを1本送って貰うようリクエストしておいたのが、案の定、先週金曜日に税関からハガキが届いて、また取りに来いだと。

 zoll wieder1


中身が分からないから止める、といっても中には止まらない荷物だってあるわけだし、
ドアまでの料金払ったのに取りに来いとはどういうことだ?もうこれ2回目だぞ、と。

開封してくださいというので開けてやるとポップコーンのような梱包材できっちりプロテクトしてある状態のギターケースが見えてきた。
梱包材をここで全部ぶちまけてギター引っ張り出して中身を確認させてやるというのに、もう結構ですお引き取りください、だと。

 zoll wieder2

ふざけすぎちゃいますか?
飲んで寝ます。

 zoll wieder3

9/12:コミニュケーションの第一歩は価値観の共有から


向かいのリドル(スーパーマーケット)で売っとるだろぉ?とかいうもんで、あ、やっぱたまにはピザもええわなぁと思い、買ってしまいました。

pizza1.jpg


オッサン3人がキッチンに集まってモッツァレラが旨いとか2枚入りが安いとか、缶詰が置いてあるコーナーの冷凍庫にあっただろ?とかなんとか。ま、2ユーロそこそこで満腹になればよし、しかも調理時間約20分ということで、多分リピートしそうな感じ。普段はワイン飲まないんですけど、安いんでつい買って飲んでしまってます。

pizza2.jpg


温かい食事、最高!

pizza3.jpg


次のライブの打ち合わせで、レナニアのライブを忘れるなと、お灸を据えられましたが、
機材のトラブルなのでどうすることもできません。
後遺症とならぬようペダルの新品購入も検討中。

今日もファイアアーベント

beerP.jpg

9/10:Zeit fliegt wie ein Pfeil


9月も3分の1を過ぎてしまった。
あっという間の時間の流れ。

cologne D-R


情報収集や連絡等は日本にいた時と同様、インターネット経由でしかできないのだが、その肝心のインターネットは、スタジオの扉から出た階段の踊り場でないと繋がらないという微弱且つ遅〜いwifi環境なので、わざわざ階段まで椅子を運んで接続する気力がない時は、周りから特別大きなニュースがあるかないかを聞いてみる程度で、つまり、日本のことはほとんどわかりません。

たまに情報収集すると腹の立つ事ばかりで、残された時間をもっと有意義に使おうと思うのだが気になって仕方ない時もある。

原発汚染の被災地は未来永劫元通りにならないのに、被災者を汚染地帯へ戻そうとしている。
除染土の黒い塊は台風の影響ででさらに広範囲に攪拌され至る所にばら撒かれた。
まさに放置国家。
そもそもが憲法違反の政府、なんだって?
政府広報の犬アッチイケィ、新聞、テレビ、御用企業、御用学者にばかタレント、有識者とか議員とか、もはや痴呆国家。

70years_ago.jpg
ttip.jpg


やるせない気持ちになってしまったので、飲んで寝ることにします。
おやすみなさい。

beer01.jpg


プロフィール

すぎの暢

Author:すぎの暢
膝の上にのせてバーで弦を擦って弾くラップスティールギター専門奏者。超ドマイナー楽器ですが、可能性は無限です。6弦アコースティック、エレキもええねぇ~!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR