壊れた

昨夜久しぶりに友人から電話があった。

ブログに大麻なんて書いたらまずいんじゃないの?
いえいえ、それはオランダでの話なのでここでは関係ないはずですよ。

多分、彼は私が壊れたのだと、、

そ、そうではなく、壊れたのはこれです!



zoomA2.jpg

いきなり電源が落ちてウントモスントモいわなくなりました。
ロス滞在中にどうしても必要になり楽器屋へ走って買いにまで行ったのに。
ってかこの手の電子機器ってそう簡単に壊れるようなものではないと思っていたのですけど、壊れるんですな。
海外製品なので保証もなんにもないし…。



突然ですが

こんなのやあんなの、

sardin1.jpg

もしご入用でしたら大至急ご連絡ください。

godiva1.jpg

ちなみに皮骨なしのサーディンはモロッコ産としてありました。




引っ越し…2

IMG_2475.jpg

前回の続きになります。
積み上げた段ボール箱の数は忘れましたが、まだまだ開けていないものが、目の着かない場所でそのままになっています。とはいえ、業務を中断し続ける訳にもいかないので、中途半端に片付けながら遂行しております。ん?片付けってことではなく、とりあえず箱の中身を確認してそのまま空いたスペースに格納してるだけといった方が正確ですね。身体のあちこちに重くて固いものをぶつけたりしたので、各部、打ち身になっております、イタタタ。
自分がこんな状態なので、この国の悪い人たちのこともあまりボロクソにも言えませんが、彼らのように自分らの都合や利益のために嘘をついて他人様に迷惑をかけてるってことではありませんので、これでよろしいかと。

部屋の環境が変われば、当然モニターからの出音も変わってきます。それにできるだけ左右されないためにはヘッドフォンが必要ということで、一応の定番品を購入。音質的に良いという気はしませんが、何かと明瞭になりますので、より良い音質を目指すことはできそうです。この住まいは昭和時代の匂いプンプンな造りなので、ここから発信する音楽自体が随分とレイドバックしそうな感じがします。
ま、僕自身がそうであるように、ですけどね。

で、突然ですがライブの告知。しかもなんと投げ銭!
石巻市「橋通り商店街」への支援金をお願いいたしますです。

6月25日(土)@島風食堂
☆食堂は通常営業。ラップスティール演奏は頃合いを見計らって。

いつも書きますが、ラップスティールの生演奏はどこにでもあるというものではありません。。。
ご来店、お待ちいたしております!
(誰も来なけりゃ飲んでるだけってこともあり得ますわな…笑)


いてもたってもいられなくて

最悪のシナリオが進行しつつある中、いてもたってもいられない気分が続いていたところ、4月10日に東京で2つのデモがあると知り行ってきた。

まずは芝公園での集会~デモ。こちらは[we shall overcome]の先導(ちょっと古さを感じるけど、ま、しゃ~ないか)で、警備にあたる警察にも一般的なデモに対する威圧感みたいなものを感じた。経産省の前を通過する頃には上げられる声も盛り上がっていたように思う。



高円寺でのデモがすでに始まっているはずなので銀座あたりで離脱した。

高円寺の駅を降りると多くの人ですでにごった返していた。
凄い!

すでに多くの動画がアップされているので、そちらをご覧になった方が判りやすいだろうが、一応自前の動画ということで。



こちらは警備の警官も、なんだかまぁまぁ問題なくやりなよ~みたいな雰囲気があって、前のデモとは随分違う印象を受けた。こちらの方が若い世代には共感できるものがあるような気がした。
それにしても凄い人出だった。帰る頃には普段の運動不足から足が棒のようになってしまった。




伊勢へ行ってきました



古くから「神宮」といえば伊勢の神宮のことを指すのだそうで、望ましい参り方として教えられた外宮から内宮へと、苦しい時の神頼みという思いもあって、この歳になって初めての体験をしてみた。

パワースポットブームなのだろうか、もの凄い人出で、とても厳かなという雰囲気ではなかったのだが、神域に足を踏み入れ歩き進めると、不思議と安らぐような心持ちになってきた。

見上げると首が疲れるほどの巨木があちこちに伸び、やはり目に見えない力の存在を感じざるを得ない。

isejingu3.jpg

皇大神宮には天照大御神がまつられている。

日本人に生まれて良かったと思える瞬間だ。

isejingu4.jpg

↑これを持っていても逮捕はされません(笑)。


このまま帰るわけにも行かないので、名物「伊勢うどん」(タマゴ入り)を楽しむことにした。
(写真は汁の色が判りやすいように一部をひっくり返したところ)

真っ黒な汁に団子のようなボテボテとした食感のうどん。讃岐のそれとはまったく別の食べ物だが、これはこれで僕は結構お気に入りなのだ。最後の一滴まで汁を飲み干した。旨かった!

isejingu5.jpg






プロフィール

すぎの暢

Author:すぎの暢
膝の上にのせてバーで弦を擦って弾くラップスティールギター専門奏者。超ドマイナー楽器ですが、可能性は無限です。6弦アコースティック、エレキもええねぇ~!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR