なにかといろいろ…な毎日ですゎ な

最初にRICHOのデジカメDC2を買った頃は、フィルムがいらなくて現像も不要、しかもその場で画像が見られるということでとても嬉しくて楽しくて、何が何でも記録に残そうと撮りまくっていたのはもう20年も前のことで、思い返せばオユンナちゃんのツアーで国内を回り始めた頃でした。

もちろんその後2000年過ぎから始まった加川さんとのツアーについても同様で、むしろエスカレートするばかりだった当時の記録はホームページを見て戴ければ、それなりにカメラの入れ替えがあったとしてもお判りいただけるものとして、この数年は加齢によるものか興味が薄れたのか、調子の悪い古〜いデジカメをいじりながら。

還暦も過ぎてしまうとなんだか気力の使い方が変化してきて、現場の流れだけに反応して対応することが精一杯で、とまではいかないかもしれないけれど、やはりいろいろと自身の行動が緩慢になっているような気がする毎日なのです。

ケルンでは、忘れないようにと思ってカメラを使った時きまってマティアスは「日本人の習慣:)」って言ってたっけ。
デジカメは、そのうち儲かったら新しいの買いますゎ。

だけど自分でビデオカメラ設置してライブの記録を撮るなんて、もう無理なんですゎ(笑)。

2/26、オーティスでのライブ、大盛況でした。ありがとうございました!
そのうちまたやりますので、よろしくです!!

誰かライブの写真とか動画とか、持ってたらお知らせくださいませ。

今年もよろしくお願いいたします。

12×5?

そういえばケルンでは、誕生日のお祝いは日付の変わった0時に始まるものだと、
滞在中にも二度ほど、知人の誕生日で大騒ぎさせてもらいました。

私もやっと一回りです。

ありがとうございます。

8/29:隊長が副隊長ぐらい




2〜3日前から時々めまいがしています。
ビールの飲み過ぎかと思い、追加してみたが一向に改善されません。
栄養状態がよろしくないのかとも思い、ビタミン剤も買い込んでみました。
しばらくの間様子を見るため、公園の練習はお休みしよう。

ってかユトレヒトから戻って一度も行ってないのは、雨が続いたから仕方ないとして、
ついでにシャワーもユトレヒト以来浴びていなかったことを思い出した。 

こちらに来て、会う人ごとに日本から来たことを伝えると、
現在の日本がどんな状態であるかを、多くの人は知っている。
スタジオ同居人のジャマイカンは「あれからず〜っと、今も、これからも、ず〜っとだ!」
たまたま遊びに来ていた彼女は唇に指をあてて「何もいえないんでしょ?」

そこまで来ている。

臭いものにいくら蓋をしたって臭いにきまっている。
ゴミはゴミ、毒は毒。巨額の賠償請求…

明日こそシャワーを浴びよう。


2908-2.jpg

9/2:Mach es selbst [Do it yourself]

9/2:Mach es selbst [Do it yourself]

自転車のパンク修理って今の日本だとフツーに自転車屋に頼ってしまいますが、ここでは自分でするのが当たり前なんだそうです。誰に聞いても自分でやると。子供の頃から普通にやることだと。そういえば私の父は自分でやってましたゎ。ただそれは若い頃に自転車屋で働いた経験があるからだと思ってましたけど、多分あの世代の人たちはみんな普通にできたんじゃないかと。

bycecle1.jpg


昨日、自転車でケルンの街を超えた反対側にある楽器屋2軒を目指して出かけましたところ、4~50分後には最終目的地へ到着いたしましたが(一軒目は移転)、その直前に後輪がパンクしてしまいましたわわ。そのまま乗って帰るわけにもいかずダラダラと引っ張りながらの帰路約2時間。えぇ運動ですわ。何をするにも体力がいる。も〜へとへと。

bycecle2.jpg


で翌日、たまたまスタジオのすぐ近所、倉庫への入り口付近に自転車屋があるので良かった〜チャンチャン!と思いきや、修理代は2~35ユーロかかるよと言われ、メガテン。日本じゃ五百円だぞとかいいながら、自分でやれば安く済むぞとほんなら自分でやってみますわと、6ユーロのチューブ買って工具借りての1時間、親切丁寧なご指導のもと、無事交換ができました。
やってみるもんですな。

自転車屋のお兄ちゃんも18歳の時に初めて自転車を修理に出すといったら家族中からアホ扱いされたそうだけど、こんなことならリペアーキットぐらいは手元に買って置いておこうと思うほど、ここでは自転車は必需品です。なんせ何処へ行くにも1ブロックが広すぎ。

bycecle3.jpg


漕いだペダルにぐっと力をかけて踏み止めるとブレーキがかかる、後輪フットブレーキ。
これ凄いだろ〜って威張ってたっけ。
操作に慣れるまで少し時間がかかるが、確かに一旦習得すると結構使い勝手は良い。

bycecle5.jpg


これでまた遠出ができます。

8/11:ようやく機材が揃いました。


ここまで時間がかかったのは、SAL便だからではなく、日本から送った荷物(主に日用品)がこちらの税関で停められたことにより、わざわざ電車賃とバス賃使って空港のそばの施設まで引き取りに行かなければならなかったのが最大の原因です。ものすごく面倒臭いし意味不明。

1時間近く待たされた挙句、中身を開けて見せろというので全部見せてやりました。
ティッシュやらタオルやらに混ざってエフェクターやら電源アダプターやら。
どうみても怪しいもんじゃないだろ。ん、ティッシュ?怪しいか

逆になんでこんなことが起きるんだと訊いてやると、日本はEU外で、圏外からの荷物についてはチェック煩いからねぇなどと、まったく訳のわからないことしか言わないんだもんな。
聞き逃した部分もあったが、経験的にあり得ないと友達に聞いたぞと強気でいうと、申し訳なさそうな表情だけは確認できた、ような気がした。

要は送る際の伝票の書き方によるんだろうと思いますが違いますかね。
「贈り物」にチェック入れたらええだけでにゃぁんかね?



zoll0811.jpg
プロフィール

すぎの暢

Author:すぎの暢
膝の上にのせてバーで弦を擦って弾くラップスティールギター専門奏者。超ドマイナー楽器ですが、可能性は無限です。6弦アコースティック、エレキもええねぇ~!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR